通販利用前に知りたいダイヤモンドの4C(カラー、クラリティ)

色を表すカラット(color)

通販サイトにも掲載されているカラーとは、無色透明度の事を指しています。
ダイヤモンドはそのほとんどにかすかに色がついており、無色透明に近いほど希少価値は高くなります。
無色透明度を評価するカラーは23段階に分けられており最高ランクを「D」として、黄色みが帯びるほどに従って以下をE,F…Zまでランク分けされています。
D~Fまでは無色透明、S~Zになると薄い黄色のレベルです。
無色透明度が高いほど希少価値が上がるダイヤモンドですが、ある一定の黄色味を越えるとファンシーカラーという評価がなされて、他の基準でランク分けされています。
黄色の他にも赤やピンク、青や緑もあります。

透明度を表すクラリティ(clarity)

ダイヤモンドのクラリティとは透明度を示す基準であり、傷や欠け、内包物の大きさや場所、性質などを鑑定してその価値を評価します。
専門家が適正な光源の基で10倍のルーペを使用して調べます。
光の通貨を邪魔する内包物や傷が全く認められないものを最高ランクの「FL(Flawless)」クラスとし、全部で11段階に分けています。
それ以下はIF・VVS1・VVS2・VS1・VS2・SI1・SI2・I1・I2・I3と評価されていきます。
最低ランクのI(Imperfection)は、内包物が肉眼で容易に発見出来るレベルの透明度になります。

通販利用前に知りたいダイヤモンドの4C(カラット、カット)

重さを表すカラット(carat)

ダイヤモンドの質を表す4Cの中でも、カラットは一番分かりやすくよく知られている要素です。
カラットとはダイヤモンドの重量を表す重さの単位で、1カラットは0.2g換算となります。
昔、宝石を計るはかりの重りとしてカロブと言ういなご豆が利用されていた事が名称の由来とされています。
発掘される多くの原石は1カラット未満の小さなものばかりなので、大粒の原石は大変稀少な存在となります。
通常は小数点第2位まで、または第3位までで表記し、カラットが大きければ大きいほど価値は高まります。
そのため重量以外の条件が全て等しい場合は、重量の大きなダイヤモンドほど高価なダイヤとなります。

形を表すカット(cut)

4Cの中のカットとは、ダイヤモンドの研磨の事を表しています。
他の要素とは異なり、唯一人の手が加えられる人工的な要素です。
カットには様々な方法がありますが、ダイヤの輝きを最高級に引き出すのは58面体のラウンドブリリアントカットと言われています。


デジタル処理の画像:Al Gilbertson、© GIA、提供:Michael Goldstein

カットではプロポーションとフィニッシュが評価の対象となり、「EXCELLENT」を最高位、「POOR」を最下位として5段階の評価がなされます。
通販等では実物の輝きを確認する事はできませんが、この4Cのバランスを比較する事によって質の良いダイヤモンドを選ぶ事ができます。

通販で買うダイヤモンドでも共通な「評価の国際基準」

GIA(米国宝石学会)が定めた「4C」

ダイヤモンドを購入する際、その価値の基準は人によって様々です。
例えば、とにかく大きい方が良いという方や小さくても透明度が高く綺麗な物が良い方が居るように、人の好みによって求められる品質は違います。
しかし、大きい物が良いと言っても、何を大きさの基準にするか決まっていなければ比較をしにくくなるでしょう。
また、透明度が高い方が良いと思っていても、より透明度が高いと判断できるか基準が無ければ物の良し悪しは判断できません。
そこで、GIAというアメリカの機関が消費者に分かりやすい評価の基準として設けたのが4Cです。
カラットとカット、クラリティーとカラーという4つのポイントに絞った評価基準です。

ちゃんとした機関の鑑定書なら安心

GIAのダイヤモンド評価基準は、現在では世界的に受け入れられている国際基準です。
国内にもいくつか信頼性の高い鑑定機関があり、GIAの基準に従ってダイヤモンドの評価を行っています。
ダイヤモンドは通販でも販売されている物がありますが、こうした品物にも4Cを評価した鑑定書が付いている物があります。
4Cの意味を予め把握しておけば品物の品質を判断できるので、その品物が自分の求めている物に近いのか、適正な価格で販売されているか等を判断しやすくなるでしょう。
信頼の置ける鑑定機関による鑑定書であるかどうかをチェックして、品物を見定めていく事が大切です。